SOUND FINDER official blog

サウンドファインダーは全国の有名レコード店やアーティストグッズなどを取り扱うショップが参加する音楽専門ショッピングモールです。
All vinyl records, CDs are here! SOUND FINDER is largest music shopping mall in JAPAN.

サウンドファインダーの入荷情報やコンサート情報をはじめとした音楽ネタをお届けするブログです。最新の入荷状況は「在庫情報リアルタイム更新中!」をクリックしてください。
総在庫数100万点以上、歌謡曲、ジャズ、ロック、ソウルはもちろん、クラブ系12インチレコード、クラシックLPやツアーグッズなども豊富に取り揃えております。
探し物はここにある!Have fun diggin'!

カテゴリ: リリースインフォメーション

趣味嗜好の異なる二人がジャズというフィルターを通して表現したCOSMIC TEMPLEはジャンルレスな90年代の空気を纏う



インタビューアー 印南敦史

日本のクラブ・ジャズ・シーンに衝撃を与えたクオシモードの活動停止から、早くも3年が経過した。現在、4人のメンバーはそれぞれの道を歩んでいるが、そんななか、リズム・セクションを担っていたドラムスの今泉総之輔とベースの須長和広がコズミック・テンプル名義で活動を開始。7月4日にファースト・アルバム『TEMPLE and TREE means like a COSMIC』をリリースする。

クオシモード時代に確立した「踊れるジャズ」としてのベースを活かしつつ、プラスアルファのエッセンスを加えた独自のスタイルからは、ヒップホップからポスト・ロックまでを含む1990年代の音楽からの影響を感じ取ることができる。
果たして彼らが目指しているものとは? リリースに先駆け、渋谷のカフェの一角で話を聞いた。

-まず気になるのは、気持ちの変化だ。クオシモードからコズミック・テンプルへと変わり、いまどんなことを感じているのだろう?
須長「クオシモードって、曲調だとかにフォーマットのようなものがあったと思うんですよね。パーカッション、ドラム、ベース、ピアノというメンバー構成的にも、できることが限られていましたし。でも、コズミック・テンプルではそういうのを一切意識しなくていいので、開放感のようなものがありました。いろいろなことを考えなくても、いろんなアプローチができるっていう」
今泉「ずっとやりたかったことをやるときなんだなっていう、ちょうどいいタイミングなんだと思います」

-でもコズミック・テンプルは突然変異的に生まれたわけではなく、過去10年以上の交流のなかから自然にできあがっていってものだという。
須長「ソウちゃん(今泉)とはクオシモード時代から、クオシモード以外でもライヴを一緒にやってたんです。俺はもともとそこまでジャズに詳しかったわけではないので、鍛えてもらうという意味でも、毎月一緒にやることには意味がありました。で、いろんな情報を共有して続けてきた結果、それがここにつながったという感じです」
今泉「自然に、普通のジャズだけでは伝えることができないっていう感覚が大きくなっていったんです。普通のフォーマットのジャズだと、ちょっと弱いなあって」

-ところで先にも触れたとおり、コズミック・テンプルのサウンドは1990年代の空気感を意識させる。それはなぜなのだろうか? そして、意図的なものだったのだろうか?
今泉「90年代的なものを作ろうとは意識しなかったですし、狙ってもいないです。ただ、90年代のヒップホップを聴いて育ったんで、自然にそうなったっていうか。僕は、ナズの『イルマティック』がリリースされた1994年が高1か高2だったので、超リアルタイムなんです」
須長「僕は94年は中学生。13歳ぐらいで、バンドを始めたころです。でも、そこまでヒップホップは聴いてなかったですね」
今泉「たぶん僕はブラック寄りなんですけど、カズ(須長)はどっちかっていうとポスト・ロックとか白人もののほうが詳しいと思うんですよ。そんな両者の持ち味がうまく混ざって、カヴァーし合う感じが落としどころじゃないかなと思いますね」
今泉「でもヒップホップ的な側面は、今後もっと出して行きますよ、マジで。いまも初期衝動しか追い求めてないですもん。たとえば、マッドリブを初めて聴いたときの衝撃とか。説明みたいな音楽じゃなくて、“現象”っぽいところまで追い込みたいんですよね。『それを俺がやんなきゃいけないなあ』っていう思いが強くて。

続きを読む

For Record Beginners = 4RB
JICO「4RB ELIPTICAL」 「4RB CONICAL」 3月15日発売へ


創業140年のレコード針の老舗企業、日本精機宝石工業株式会社 『JICO』は、アナログレコード初心者向けに発売されているプレーヤーにフィットする「4RB ELIPTICAL」及び「4RB CONICAL」の2モデルを発売します。

レコードの「音の入り口」であるレコード針。その針先の「楕円」と「丸」2種類のダイヤチップをスイスから輸入。カンチレバーと言われるアルミパイプを極太1mm にして針自身の「鳴り」を大きくしました。レコード盤のグルーブ(波形)を、正確に大きい波動で伝えるために、針先を支えるゴムの調合にもこだわりました。針作り50年の超ベテラン職人によってデザインされ、匠の技により一本一本丁寧に手作りで仕上げられているMade in Japan の逸品です。

<針の拡大図>
needle


1万円以下の普及価格帯のレコードプレーヤーに搭載されている3W 以下の出力スピーカーでも「4RB ELIPTICAL」にレコード針を付け替えてみるとその音質の差は歴然。今まで、聞こえなかった高域の倍音成分や残響音。低域のパンチが聞こえて来ます。また「4RB CONICAL」は、昨今ブームの7 インチポータブルDJ プレーヤーにもフィット。図太いグルーブの低音をお楽しみいただけます。

実物の針はこんな感じ
IMG_1910

対応機種はION AUDIO の全てのプレーヤー、NUMARK PT01 SCRATCHです。

ION AUDIOのオフィシャルサイトはこちら
NUMARK PT01 SCRATCHのオフィシャルサイトはこちら

楕円のダイヤモンドチップが付いたオーディオ向けレコード針JICO「4RB ELIPTICAL」 は税別2,759円。丸型のダイヤモンドチップが付いたDJ スクラッチにも使える「4RB CONICAL」は税別2,296 円。3月15 日より発売です。


Diamond on lineの記事から
レコード針の需要復活で2200種を世界中に届ける兵庫の地場企業

img_61020eb1a76384268d13c7a844d0ce7a55466


日本精機宝石工業 JICOオフィシャルサイトはこちら



サウンドファインダーの音源制作部門「First Call Recordings」で手掛けるレーベル「Steppin' out!」では今春新人バンドMimeをリリースします。

mime
         (写真左より近藤邦彦、ひかり、森川祐樹、冨倉暢、内野隼)


ブラックミュージックをベースとしたサウンドと、凛とした爽やかな歌が織りなす「イエローミュージック」を標榜するMimeは、2014年2月に森川祐樹(ba)を中心に、ひかり(vo),内野隼(gt),近藤邦彦(key),冨倉暢(ds)と共に都内を中心に活動しているバンド。
2017年10月28日『PUZZLE』を皮切りに、現在4か月連続配信リリースしており、12月27日にリリースしたLet your love growはSpotifyバイラルチャート5位にランクイン。ネオソウルなグルーヴにボーカルひかりが優しく言葉を紡ぐ、バンド初の日本語詞によるラブソングです。



既発曲はこちらから


KAN SANOやWONKなど、現在のシーンの中心で活躍するアーティストとも多数共演するなど、2018年最注目のバンドMime。耳の早いリスナーは要チェック!
尚、2月3日には渋谷J'z Bratにて自主企画『PANTOMIMOS Vol.2』が開催されます。
flyer
イベント概要は以下の通り。

日程:2月3日(土)
時間:16:00開場 
出演:[LIVE]Mime/Michael Kaneko/THREE1989/Shunsuké G & The Peas
[DJ]君嶋麻里江/島 晃一 (Soul matters)/JINI (Soul matters)/西牧直祐 (Capital)
チケット:前売3,000円(+ドリンク代別)/当日3,500円(+ドリンク代別) 
場所:渋谷Jz Brat
イベントHPはこちら
問い合わせ:JZ Brat (平日15:00~21:00) 03-5728-0168




poster_small




























今年のレコードの日発売タイトルは70タイトル超とかなりのボリュームです。既存曲待望のレコード化や新作のレコードプレスなど多彩なラインナップとなっております。

Record Store Dayと違い、発売日に店頭以外での購入も可能となっておりますので、お気に入りのレコードショップのウェブサイトも合わせてご覧ください。

発売リスト ※リストをクリックすると拡大画像になります。
list

record_day_main









11月3日は文化の日ですが、レコードの日でもあります。(確か、これ昨年も書い
た気が・・・。)
日本のレコードプレス会社東洋化成が推進するこのイベント。すでに発売タイトル
が第2弾まで発売されています。

めぼしいタイトルは早めにチェック!

第1弾発売リスト ※リストをクリックすると拡大画像になります。
1























ここで気になるのはライムスターのニューアルバムからのアルバムタイトル曲の7インチシングルカット。また、Archie ShepのAttica bluesの7インチのリリースも決定しています。


第2弾発売リスト ※リストをクリックすると拡大画像になります。
2











第2弾の中ではイースタンギャングの7インチ。当時プロモーション12インチで日本トゥザダンスフロアーというのがありましたが、そこに収録されたシャーロットが入ってます!プロモ12インチはレアです。続々とタイトルが決まっている模様ですので、順次追加情報をこちらでお知らせしていきます。

リンク:レコードの日公式サイト

Us_logo_lsizeUNKNOWN season 2nd Anniversary Special Campaignと題し、レーベル2周年を記念した企画を12月24日~1月31日の期間に渡り、UNKNOWN seasonウェブサイトにて、各所で週末の夜をロックする間違いないDJ OF DJ、Masanori Ikedaとアルバムをリリースいたばかりの現役高校生DJ・プロデューサーSEKITOVAの2名による2種類のDJミックスを期間限定プレゼントを行います! UNKNOWN season 2nd Anniversary Special DJ Mixed by SEKITOVA(USFD-0003) 自主レーベルを立ち上げ初のCDアルバムをリリースしたばかりの大阪在住の現役高校生DJ/プロデューサーSEKITOVAによる、UNKNOWN season音源のみを使用しこの企画のためだけに作られたスペシャルDJ ミックス。期間限定にて無料ダウンロード。 UNKNOWN season 2nd Anniversary Special DJ Mixed by Masanori Ikeda(USFD-0004) 新旧ダンス~ラウンジ・ミュージックまでをも知り尽くし、常に時代の一歩先をリードする審美眼を兼ね備えたDJオブDJ。90年代中期よりロンドンWAG Clubでのレジデントを経て日本の週末のダンスフロアをロックし続ける、Masanori IkedaによるUNKNOWN season音源のみを使用しこの企画のためだけに作られたスペシャルDJ ミックス。期間限定にて無料ダウンロード。 ※共に12月24日~1月31日までの期間限定無料ダウンロード Masanori Ikeda 1990年代前半よりロンドンでDJの活動を始め、伝説的クラブWagの週末のレジデント等を経て帰国後、活動の拠点を東京に移す。その後、音楽制作の活動も開始し、ソロユニットMansfieldや数々の名義でアルバム、12インチシングル、池田正典としても膨大なリミックスを発表 している。また、様々なコンピレーションの監修やミックスCDシリーズは高い人気を誇る。現在は、BPM120でオブスキュァーなハウス、トランシーな ディスコ他、様々なダンスミュージックをミックスするDJとして国内外の様々なクラブの週末をロックしている。 2007年末、Flower Recordsより80’sバレアリッククラシック”City Lights”のカバーをMasanori Ikeda名義で発表,Beatport等の配信サイトで高セールスを記録した。2008年に入り、ブランニュースタイルなミックスCD「New Balearic House」をリリースし、各方面から大きな反響を呼んだ。 9月にはFlower Records音源の中から選りすぐりの名曲をリエディット、ミックスを施したチル・アウトMIX CD『SILENT DREAM 2 mixed by Masanori Ikeda』をリリース。 http://soundcloud.com/masanori-ikeda SEKITOVA 1995年、元旦生まれの高校生トラックメイカー兼DJ。14歳の頃よりDTM でのトラックメイク、16歳でDJとしてのキャリアをスタートさせる。 2011 年にはインターネットレーベル『Maltine Records』よりEP をリリース。その認知度をより深めた。初期には幅広いジャンルの制作を行っていたが次第にルーツであるミニマルテクノやテックハウスにアプローチを寄せるようになる。中でも昨年末にsoundcloudにて発表したアンビエンスなピアノハウストラック『Fluss』は大きな評価を得て、日本のみならずドイツなど本場のシーンからも沢山のアクセスを受けた。DJとしても歌舞伎町Re:animation、新宿でのETARNAL ROCK CITY Fes. への出演など大規模イベントへのブッキングも増えており、これからの活動に期待が寄せられる。 http://sekitova.biz http://iflyer.tv/SEKITOVA http://soundcloud.com/SEKITOVA http://twitter.com/SEKITOVA http://twitter.com/SEKITOVA_INFO

Wwrb40s_2陽気なパーティー・バンド、ワックワック・リズム・バンドが帰ってきた! 20年の時を経ても色褪せることのないヒップなセンスに脱帽!やはりこのお兄さん&お姉さん達は間違ってなかった! ファン待望!7年ぶりの新録2曲をプラスしたスペシャルなベスト盤!ライムスターをフィーチャリングした大ヒット・シングル「Wack Wack Rhythm Island」を、ファンキーでダイナマイトな新メンバー、レモン嬢が熱唱した新バージョン「M-01.Long Island Margarita」は次世代のパーティー・アンセム間違いナシ!さらにワックワック・ファンは泣いて喜ぶライブ定番曲「M-15.Ain't Got No, I Got Life」をこのベスト盤のために録音しました!ビギナーだけでなく、往年のファンにも嬉しい最高のベスト盤が完成! Hccd9535_wwrb_xxWACK WACK RHYTHM BAND / XX CLASSICS (ワック・ワック・リズム・バンド/ 20クラシックス) 発売予定日:2012年11月07日(水)
先行リリース 限定7インチ・シングル! Long Island Margarita c/w Ain't Got No, I Got Life 発売予定日:2012年10月24日(水) その他の作品はこちら オフィシャルサイト  バンド結成20周年記念ライヴ決定! 11/11(日)青山CAYにてワックワックリズムバンド結成20周年記念ライヴ『XX 1992-2012』を開催します。ライムスター、結成当初からの友人であるYOU THE ROCK★、かつてのメンバー等々をゲストに、DJには小西康陽、山名昇を迎え、盛大に祝います。

Ryoma_takemasa_photo2ヒップホップをルーツにシカゴハウス、デトロイトテクノ、エレクトロニカ、ディスコなど様々なダンスミュージックを一貫した世界観で表現し、ハイペースなリリースを続ける新進気鋭のアーティストRyoma Takemasaが10月17日にアルバムをリリースします。 アルバム全体を通して、いろいろなエッセンスあり、ルーツとなるヒップホップフレバーなトラック、音数がすくなく、徐々にビルドアップされていくテクノ、オールドスクールなサンプリングハウス的アプローチ、さらにはNU DISCO的な楽曲とジャンルレスな内容となっています。 セオ・パリッシュ本人が認めた、名曲「You Forgot」大胆使いのソウルフル・ダンスチューン「Catalyst」収録。

Ryoma Takemasaプロフィール A Tribe Called Quest、O.C.,Nas,Jeru The Damaja,Black Moonなどに影響を受け、ヒップホップDJとしてキャリアをスタート。徐々にテクノやハウスにシフトし始め、2007年にPaul MacのレーベルStimulus RecordsからデビューEP「Koroon」をリリース。2008年末には自身のレーベルApostropheから「The Overhousen Manifesto」をアナログカットし、国内外のDJによってプレイされる。Deepn`(Gonno Remix)と(The Backwoods Remix)はLaurent Garnier, James Holden,など有名DJがプレイし国内外で好評を得た。 Uscd1002CDはこちらから購入できます!
RYOMA TAKEMASA/Catalyst

昨年から今年にかけて自分の中での大きな変化は2つあります。 一つは残念ながら終わってしまいましたが、Inter FMで放送していたバラカンモーニング。自分のルーツともいえる音楽を改めて聴くことで新しい音楽の発見がありました。 もう一つは樽木栄一郎さんとの出会い。そもそも樽木さんの出会いは霞町音楽会に出演した島さんの紹介でした。「次のライヴにどうかな?」と言われて、なんとなく見たYoutubeから飛び出してきた映像には深く訴えかけるものがありました。特に「さかな」という曲。なんか、もう信じられない美しさに包まれていました。 First call recordingsでリリースした樽木さんのanalogという曲は随分前に完成していた曲。本当はメジャーでリリース予定で制作していた音源です。 リリース予定だったその他の楽曲も聴かせてもらった時、あまりの完成度の高さにびっくりしたんです。何故これがリリースされないんだろう。不思議で仕方がありませんでした。 「これをこのまま眠らせておいちゃだめだ」と思ったんです。もう、それは私がこの仕事を始めたことに対しての使命を果たすというか、やらなければならないことと感じました。 実は今年の事業計画にレコードリリースはありませんでした。でも作るって言っちゃった。正直大変でした(笑)でも、自分が信じるものが作れて売れる喜び、そして知ってもらうために活動すること。うれしかったです。 樽木さんがメジャーを離れた一番の契機は「もっと明るい歌を作れ」 この一言が彼に決意させた。今までやりたかった音楽表現を突き詰めよう。 ここから長い試練の始まりでした。どうしたら自分の音楽を理解してもらえるか?時に葛藤し、さまざまな苦難を乗り越えて生まれたアルバムが、この『Mederu』です。 ジャケットのアートワークは樽木さんの音楽を深く理解する78bgの長谷川弓子さん。今回のアルバムにデザイン案の提示は実に13点に上りました。もう、仕事の域を超えています。長谷川さんもレコードを沢山持っていらっしゃっていて、音楽に詳しい方。そんな方に「樽木さんの音楽は格が違う」と言わしめた逸材が満を持してリリースしたアルバム。過度な期待はしてはダメと思いつつも、否が応にも気持ちが高まります。 不安と期待が入り混じった感じでCDを聴くなんて何年ぶりでしょうか、でもCDは期待を裏切らない美しい楽曲が並んでいました。通り一遍の癒しとは異なる、本当に音楽が腑に落ちた時に感じる、爽快感がここにはあります。 私が樽木さんの音楽に心酔する理由は自分が今まで聴いてきた音楽のエッセンスがちりばめられていて、あの時、あんな曲を聴いてたなとか、あの時あんな気持ちだったなとか、そういう心の奥底に眠っている気持ちがどんどん露わになっていくから。CDの帯には畠山美由紀さんがこんなコメントを寄せています。 「忘れていた風景がみずみずしく蘇るようです。」 すべての人に理解されないかもしれない。でも、成熟した大人や成熟した音楽的趣味を持つ人であれば、必ず響く音楽がこの『Mederu』だと思います。 私は樽木さんに会う時にいつも言うことがあります。それは「100年後、音楽の時間に先生が樽木さんの曲を子供たちに聴かせると思いますよ。昔の素晴らしい曲だよ」って。 こういう音楽を愛でる気持ちを持てたことに感謝。 樽木さん、今度飲みに行きましょう。そしてラーメンおごってください(笑) 樽木栄一郎/Mederuはこちらから購入できます。 プラレールの恋人

Calmera2012_2大阪のインストジャズバンド、カルメラ4枚目のアルバムが8月29日に発売されます。 彼らの最大の持ち味は誰もが一度聴いたら、忘れられないポップなメロディライン。メロディメイキングは天性のものを感じます。また、ライヴパフォーマンスもショーマンシップに満ちたすばらしいステージ。幸せな気持ちにさせてくれる音楽は老若男女、すべての音楽ファン納得のバンドです。 初回限定盤には今年2月に行ったLIVEの模様が収められたDVDも入っています。 まだ彼らの演奏をご覧になったことがない方、このDVDをご覧になってみてください。一発でファンになります。





収録曲 1.an open door -introduction- 2.犬、逃げた。 3.ペルセポリス 4.Marlowe 5.Yo! SKB -interlude- 6.三ツ寺慕情 7.ムーンビーチ 8.Marlowe -GROOVE UNCHANT Dancing Is Not a Crime MIX- 9.ムーンビーチ -SHOTARO HATTORI 渚のカセットMIX- 価格:2,625円 ※初回限定盤は2012.2.10 大阪アメリカ村BIGCATワンマンライブにて収録したライブDVDとの2枚組! ご予約はこちらから

↑このページのトップヘ