趣味嗜好の異なる二人がジャズというフィルターを通して表現したCOSMIC TEMPLEはジャンルレスな90年代の空気を纏う



インタビューアー 印南敦史

日本のクラブ・ジャズ・シーンに衝撃を与えたクオシモードの活動停止から、早くも3年が経過した。現在、4人のメンバーはそれぞれの道を歩んでいるが、そんななか、リズム・セクションを担っていたドラムスの今泉総之輔とベースの須長和広がコズミック・テンプル名義で活動を開始。7月4日にファースト・アルバム『TEMPLE and TREE means like a COSMIC』をリリースする。

クオシモード時代に確立した「踊れるジャズ」としてのベースを活かしつつ、プラスアルファのエッセンスを加えた独自のスタイルからは、ヒップホップからポスト・ロックまでを含む1990年代の音楽からの影響を感じ取ることができる。
果たして彼らが目指しているものとは? リリースに先駆け、渋谷のカフェの一角で話を聞いた。

-まず気になるのは、気持ちの変化だ。クオシモードからコズミック・テンプルへと変わり、いまどんなことを感じているのだろう?
須長「クオシモードって、曲調だとかにフォーマットのようなものがあったと思うんですよね。パーカッション、ドラム、ベース、ピアノというメンバー構成的にも、できることが限られていましたし。でも、コズミック・テンプルではそういうのを一切意識しなくていいので、開放感のようなものがありました。いろいろなことを考えなくても、いろんなアプローチができるっていう」
今泉「ずっとやりたかったことをやるときなんだなっていう、ちょうどいいタイミングなんだと思います」

-でもコズミック・テンプルは突然変異的に生まれたわけではなく、過去10年以上の交流のなかから自然にできあがっていってものだという。
須長「ソウちゃん(今泉)とはクオシモード時代から、クオシモード以外でもライヴを一緒にやってたんです。俺はもともとそこまでジャズに詳しかったわけではないので、鍛えてもらうという意味でも、毎月一緒にやることには意味がありました。で、いろんな情報を共有して続けてきた結果、それがここにつながったという感じです」
今泉「自然に、普通のジャズだけでは伝えることができないっていう感覚が大きくなっていったんです。普通のフォーマットのジャズだと、ちょっと弱いなあって」

-ところで先にも触れたとおり、コズミック・テンプルのサウンドは1990年代の空気感を意識させる。それはなぜなのだろうか? そして、意図的なものだったのだろうか?
今泉「90年代的なものを作ろうとは意識しなかったですし、狙ってもいないです。ただ、90年代のヒップホップを聴いて育ったんで、自然にそうなったっていうか。僕は、ナズの『イルマティック』がリリースされた1994年が高1か高2だったので、超リアルタイムなんです」
須長「僕は94年は中学生。13歳ぐらいで、バンドを始めたころです。でも、そこまでヒップホップは聴いてなかったですね」
今泉「たぶん僕はブラック寄りなんですけど、カズ(須長)はどっちかっていうとポスト・ロックとか白人もののほうが詳しいと思うんですよ。そんな両者の持ち味がうまく混ざって、カヴァーし合う感じが落としどころじゃないかなと思いますね」
今泉「でもヒップホップ的な側面は、今後もっと出して行きますよ、マジで。いまも初期衝動しか追い求めてないですもん。たとえば、マッドリブを初めて聴いたときの衝撃とか。説明みたいな音楽じゃなくて、“現象”っぽいところまで追い込みたいんですよね。『それを俺がやんなきゃいけないなあ』っていう思いが強くて。

続きを読む